Menu

事前相談の必要性

Home
葬儀の事前相談の必要性 | お葬式の生前予約なら美濃屋総本店

事前相談の必要性

葬儀の事前相談について

葬儀に対する不安はありませんか?

事前相談について

できれば考えたくないことですが、考えなければいけないときが必ず来ます。
葬儀・・・と考えた時、皆様に不安はありませんか?
最近よく言われてる家族葬は、どういう葬儀で、どのようにしたらいいの? 亡くなった時にはどうしたらいいの?お葬式の費用はいくらかかるの?
葬儀社は何処に頼めば安心なの?と、日頃あまり考えないお葬式への不安は
いろいろあるかと思います。そこで、私共は事前のご相談をお勧めしております。
今、不安を安心に変えるために事前のご相談をなさる方が多くなってまいりました。
大切な方を送る時、別れに対する心の準備や信頼できる葬儀社を予め探しておくということがどんなに安心に繋がるか、私共では多くのお客様から教えていただきました。信頼できる葬儀社を探すということは易しい事ではありません。
それには、葬儀に関し不安を感じた時、疑問をもたれた時に、電話をかけるなり、葬儀社を訪ねてみる事だと思います。
自分の意志をしっかり伝え、皆様の心配を安心に変え、希望を叶えてくれる葬儀社をご自身で選んでください。

なお、当社へのご相談は事前にご連絡頂いた方が、お待ち頂くコトが無いと思われます。

いつ頃何を聞いたらいいのでしょうか・・・?

事前相談について

では、いつ頃何を聞いたらいいのでしょうか・・・? 
いつでも思い立った時に訪ねて下さい。 事前の相談は無料です。
拘束力もありません。現在ではお元気なうちにご自分の事を心配され、生前に予約をされる方もあります。
「家族に心配や負担をかけたくない」
「元気なうちに自分の葬儀の事は決めておきたい」

と思われる方も少なくありません。
生前予約はご存命中に何度も見直しをいたします。これからの時代はこのようなご希望が増えることでしょう。
当店でも、万が一のときに慌てずに希望に沿ったご葬儀を行うためにも、事前相談をお勧めいたしております。
事前相談をすると次のようなメリットがあります。

事前相談のメリット

ご希望に合った葬儀をゆっくり決める事ができる。

まずはじめに、どのような葬儀にしたいのかを家族でよく話し合いお決めください。
これらをおおまかでもお考えになられているだけで、より具体的なお見積もりとご希望に合ったご葬儀ができるようになります。
また、家族葬といわれる葬儀についても、メリット・デメリットもあります。
あのとき、ああすれば良かったと悔やむことも無いと思います。

葬儀の金額と内容が把握できるので安心

実際に金額や内容を掌握することで、何にどれだけかかるのか、より正確に把握できます。
また、希望するご葬儀が「だいたい」から「具体的な数字として」お分かりいただけるので、用意すべき金額もはっきりするので、安心してご葬儀が行えます。
葬儀に必要なもの、不要なものもわかり無駄な出費が抑えることもできます。
内容も判っていれば、いざというときに、落ち着いた行動ができます。

具体的な相談事例

臨終前に葬儀会社を決めておいてもいいですか?

最近では、もしもの時に慌てないように、事前に式場の見学をしたり、相談に来られる方が多くなってきました。
高齢な人でお元気な内に来社され自分の葬儀について大まかに決められる方も有ります。
いざとなった時、慌ただしい中、間違った選択で後悔しないために葬儀会社とは事前のコンタクトは必要でしょう。
当社では式場見学や事前相談を随時受け付けております。お気軽にご相談下さい

病院で亡くなったらどのようにすればいいですか?

病院で亡くなられると、遺体安置室からご自宅にご遺体を搬送いたします。
ご自宅に安置できない場合は安置場所を確保いたしますのでご相談ください。
病院より”何時までにお連れください”と言われることがありますが、
24時間いつでも、寝台車にてお迎えにあがりますのでご安心ください。
病院から搬送の紹介されることがありますが、”搬送のみ”とお断りください。

遺族の中で,誰が、喪主を務めたら良いでしょうか?

喪主は葬儀全般の主宰者であり、葬儀を執り行い、弔問を受ける立場になります。
選び方には法的な決まり事は有りません。以前はその家の家督を相続する男性が務めることがほとんどでした。
最近では、故人の配偶者、故人と同居されていた子供さんが務める例が多いです。
あるいは嫁いだ娘さんが務めるケースもあります。
また、配偶者や子供がいない場合は、兄弟や親族がなります。
身寄りが無い場合には知人や入所していた施設の責任者や昨今では、NPO法人が務めるという例も有ります。

遺影写真はどのように用意すればいいですか?

スナップ写真でよろしいのですが、写真を引き伸ばすため、元の写真のピントがあまかったり
デジカメの画素数が少なく粒子が粗いと仕上がりがあまりよくない場合があります。
出来れば、屋内より屋外で撮影された明るい写真が適切です。
最近では、カラーが主流で、お元気だった頃の笑顔の写真を使われる方も多くあります。
集合写真から抜き出す事も出来ます。また服を着せ替える事も出来ます。
デジタル処理により、不要な部分を削除したり、色調を変えたりも出来ます。
デジカメのデータやメールでデータをお預かりしても作成できます。

少ない予算で葬儀をしたいのですが、可能ですか?

費用をかけないで施工することも出来ます。
最近では式場での葬儀が多くなりましたが、少人数であれば、自宅で行うことで費用は抑えることが可能です。
たとえば霊柩車についても種類が有り、予算に応じ選択できます。
ご予算をお知らせ頂き、葬儀ディレクターが最良のご提案をさせていただきます。

互助会のような掛け金の積み立てはありますか?

当社では掛け金の積み立ては行っていません。
当社には、IF共済会という会員組織があります。入会金1万円で年会費・月々の掛け金もありません。
会員ご本人様から2親等までの方が利用できます。一度のご入会で生涯会員です。
IF共済会は全国ネットで、会員特典が受けられます。更に葬儀保険プランや生前予約制度も利用できます。
会員様には充実した生活にご利用頂け、いざという時にも価値ある特典をご用意してます。
例えば、レジャー・旅行関連(JTB・JALパックなど提携旅行代理店)の優待サービスや24時間365日対応の暮らしと健康のサポートサービスもあります。
互助会の掛け金は、解約時に解約手数料が必要となります。さらには掛け金の半分は保全されていることになっていますが、過去の互助会の破綻時には掛け金の半分、もしくはそれ以下の掛け金しか戻らなっかったことがあります。互助会のメリットのみで判断せずに、積み立てをはじめる前にしくみ・経営内容をよく知ることも必要と思います。
積み立てをされている方、積み立て満期の方も是非ご相談下さい。当社において葬儀施工の際にその積立金を活かすことができます。積立金の解約には手数料が掛かります。当社にて葬儀施工時に解約手数料分を葬儀代金から差し引かせて頂きます。なお、当社へのご相談は事前にご連絡頂いた方が、お待ち頂くコトが無いと思われます。

どれくらい費用がかかるのですか?

費用は、葬儀内容によって変わってきますので、当社にお問い合せください。
無料でお見積もりをお出しします。費用の例としては葬儀プランのご案内をご覧ください。
費用の見積もり等の準備には、費用は一切かかりません。 また拘束力も有りません。

どの宗派でもお願いできるのですか?

檀那寺があれば、そちらにお願い致します。どの宗派でも対応致します。
宗派はたくさんございますが、菩堤寺が遠方で来て頂く事が出来ない時や、
菩堤寺が無い時、お客様の宗派に合わせた寺院をご紹介します。
葬儀後の法要や墓地等の事もあり、寺院と永くお付き合いいただく為に近くの御寺院を紹介いたします。
神官もご紹介いたします。
無宗教での葬儀も対応致しております。ただ、無宗教の葬儀で注意したいのは自由で有る反面、シナリオが無いため、散漫な式になりがちなこと。そして、親族などの理解が得られるかという事です。